おもいやりの心イメージ
自分自身を見つめ、
相手をおもいやる心を育む
仏教精神に基づき「おもいやりの心」を育む特色のある教育を行います。基本的な価値観や学習態度を学び、豊かな感性を養います。

こうかの心を養う
心の教育

  • こ [向上心] 「これでいいのだろうか」と自らへ問いかけ、日々を精一杯生きます。
  • う [潤いの心] 周りにいる一人ひとりの立場を受け入れ、あたたかく思いやる気持ちを持ちます。
  • か [感謝の心] 感謝の気持ちを「ありがとうございます」と言葉にして伝えます。
校訓「真実心」とは?
本校の校訓「真実心」とは「仏の心=慈悲の心」のことで、他者への配慮、共に支え合う心、すなわち「おもいやりの心」を表します。自我に捉われることなく、他者をあたたかく思いやる慈愛に満ちた人として生きてほしいという願いが込められています。

こころの時間

道徳と宗教を融合させた「こころの時間」を全学年(週1回)設定しています。親鸞聖人の教えのもと、しっかりと自分自身を見つめることで自立心や感謝の心、おもいやりの心を育てます。

こころの時間イメージ

宗教行事

学園を挙げて取り組んでいる三大行事(学園花まつり、学園報恩講、学園太子忌)に参加します。いろいろな法話を聞くことで、校訓「真実心」の教えを学びます。

宗教行事イメージ

本山宿泊学習

夏休みに、東本願寺の同朋会館で1泊2日の宿泊研修(3年生)を実施。全国から訪れる研修生と寝食をともにしながら奉仕活動で汗を流し、こころを磨く貴重な体験学習です。

本山宿泊学習イメージ

日本人のアイデンティティを養う
伝統文化教育

  • 日本人としての基本的な礼儀・マナーを身につけています。
  • 日本の文化や伝統を知り、実際に触れることで感性を磨きます。
  • 相手に対する気遣いや心配りなど「おもてなしの心」を持って人と接しています。

礼法 1〜6年生

発達段階に応じて基礎的な作法を学びます。低学年では服や履物の作法、中・高学年ではビジネスや社交の場にも通じる対人的なマナーや作法を会得することができます。
[指導・監修:小笠原 清忠 宗家]

礼法イメージ

邦楽 5年生

実際に箏に触れ、曲を演奏することによって伝統ある日本の音楽の美しさを知り、豊かな感性を育みます。
[指導・監修:野田 弥生先生]

邦楽イメージ

茶道 6年生

さまざまな作法から、人に対しての気遣いや心配りなど「おもてなしの心」を学び、感謝の心を育みます。
[指導・監修:千宗室 家元]

茶道イメージ
教育紹介