21世紀型学力イメージ
確かな知識と教養を身につけ、
他者と協力しながら主体的に学ぶ
公立小学校を超える各教科での学びやさまざまな体験活動を通して、自己の将来目標の設定につなげます。地域や併設幼稚園・中学校・高等学校などと交流し、多くの人と関わることにより、他者との協働力、社会貢献力を身につけます。

他者との関わりで自己を伸ばす
教養と確かな学び

育成人材像
  • 知的好奇心が旺盛で、学ぶことの喜びや達成感を知っています。
  • 自分で課題を見つけ、その解決に向けて集中力を持って主体的に取り組むことができます。
  • 身につけた知識を使ってものごとを分析したり、他のことへ応用したりできます。
21世紀型学力
確かな知識や教養を身につけるためには、学習意欲や、自ら積極的に学びを深める力が重要です。自分で課題を見つけ、自ら考え、自ら判断すること。行動を起こし、他者とコミュニケーションを図ってより良く問題を解決すること。こうした自立・協働・創造の力を育みます。

各教科の学び

子どもたちにとって「わかる・楽しい」授業が大切。学習目標の設定と振り返りを行って学ぶ内容を明確にし、自分の思いや考えを発表する機会を多く設けています。

各教科の学び-イメージ

先端科学に触れる

各分野で活躍する専門家の先生のさまざまなお話を聞き、子どもたちの科学への興味関心を深めます。また自ら探究することにより思考力・表現力を高めます。
(放射線ってなんだろう 講師:京都大学環境安全保健機構 助教)

先端科学に触れる-イメージ

ICTを活用した授業

全クラスに87インチの大型電子黒板があり、資料を提示しての説明やプレゼンテーションに効果的に使用しています。また、学習支援として有効に活用し、子どもたちの学習意欲を高めています。

ICTを活用した授業-イメージ
王冠アイコン 実用数学技能検定グランプリ奨励賞受賞
(公)日本数学検定協会から、実用数学技能検定(算数検定)を継続して活用し効果的な学習成果を挙げたとして、実用数学技能検定グランプリ奨励賞を受賞しました。

多様性を学び、社会を知る
地域・他学年との交流

育成人材像
  • 多様な考え方を持つ人や国それぞれの文化があることを知っています。
  • 自分と異なる価値観に対しても違和感を持たず、知ろうとすることができます。
  • 集団の中でリーダーシップを持ち、自分の役割を果たすことができます。

幼・小連携

併設している光華幼稚園と秋まつりや伝承遊びなどの体験活動を通して、交流学習を行います。年齢が下の子どもと一緒に遊ぶことで、相手を思いやる心と自尊感情を育みます。

幼・小連携-イメージ

小・中・高連携

中学校の授業体験や小中英語交流、中高の体育祭への参加などを実施。中学生のプレゼンテーション能力や英語力に子どもたちは憧れを抱き、大きな刺激を受けます。

小・中・高連携-イメージ

地域連携ボランティア

地域の方々と共にボランティア活動に参加し、継続的に環境・福祉・人権について学びます。さらに、学んだことを活かしてより地域に貢献できる取組を考えます。

地域連携ボランティア-イメージ

先生からの声

  • 伊藤 明日香 先生
    一人ひとりの考えと表現力を育てる教育を心掛けています。

    授業では、「自分の考えを聞いてほしい」「いろいろな意見が聞けてよかった」と思えるような雰囲気づくりを心がけています。お互いの考えを伝え合うことで、一人ひとりの考えやみんなの考えを深め、確かなものにしています。考えを表現し発信する力が、将来国際人として活躍するための基盤になると信じています。

教育紹介