光華女子学園の歩み

昭和14年の設立から現在に至るまでの、光華女子学園の歩みをご紹介します。

創設者と建学の精神

校長 鏑木 良夫

故 大谷智子 裏方

光華女子学園は、真宗大谷派(東本願寺)前門首夫人の故大谷智子裏方が、「仏教精神に基づく女子教育」を発願し、東本願寺をはじめ有縁の方々から物心両面の援助を受けて昭和14年に設立された学園です。その建学の精神は、校名「光華」と校訓「真実心」に込められています。

●校名「光華」
経典『仏説観無量寿経』の水想観にある文言「其光如華又似星月懸處虚空」にちなみ、清澄にして光り輝くおおらかな女性を育成したいという願いに基づき、お裏方により名づけられました。

●校訓「真実心」
「真実心」とは「仏の心=慈悲の心」であり、今の言葉でいうと他者への配慮、共に支え合う心、すなわち「思いやりの心」といえます。校訓「真実心」には、み仏の心に自らを問い自我に偏しがちな生活を正し、慈愛に満ちた人として生きてほしいという願いが込められています。

沿革・年表

昭和14年9月15日
財団法人光華女子学園設立認可
15年4月1日
光華高等女学校開設
19年3月11日
光華女子専門学校開設
22年4月1日
学制改革により光華中学校開設(光華高女より/平成13年京都光華中学校へ校名変更)
23年4月1日
学制改革により光華高等学校開設(光華高女より/平成13年京都光華高等学校へ校名変更)
25年4月1日
光華女子専門学校を光華女子短期大学に移行(平成13年京都光華女子大学短期大学部へ校名変更)
26年2月28日
学校法人光華女子学園設立認可
29年4月17日
光華衣服専門学院開設(平成6年廃校)
39年4月1日
光華女子大学開設(平成13年京都光華女子大学へ校名変更)
40年4月1日
光華幼稚園開設
43年4月1日
光華小学校開設
平成10年4月1日
光華女子大学大学院開設(平成13年京都光華女子大学大学院へ校名変更)
15年04月01日
中学校/高等学校、京都府「私立高校魅力ある教育創造モデル校」に指定
15年07月
中学校/高等学校、文部科学省「教育改革推進モデル校」に指定 5年連続指定
18年04月01日
短期大学部生活環境学科を改組、ライフデザイン学科を設置
22年04月01日
大学に人文学部 文学科、人文学部 心理学科、
キャリア形成学部 キャリア形成学科、健康科学部 健康栄養学科を設置
23年04月01日
大学、健康科学部に看護学科を設置
24年04月
中学校/高等学校、京都府NIE推進事業実践に指定(平成24・25・26年度)
24年05月
中学校/高等学校、文科省委託 特別支援総合推進事業に採択(平成24・25年度)
25年04月01日
大学、健康科学部 健康栄養学科に健康スポーツ栄養専攻を設置
26年04月01日
大学、健康科学部に医療福祉学科 社会福祉専攻、言語聴覚専攻、心理学科を設置
大学院、人間関係学研究科心理学専攻(修士課程)を心理学研究科臨床心理学専攻 (修士課程)に改称
27年04月01日
短期大学部 こども保育学科を改組、大学、こども教育学部 こども教育学科を設置
大学院に看護学研究科(修士課程)を設置