救急救命講習会

子どもたちの活動

 総合的な学習の一環として,6年生対象に救急救命講習会を行いました。

 

 京都市右京消防署から4名の救急隊員に来ていただき,『大切な命を救うために』というテーマで講演していただきました。「もしも心臓や呼吸が止まった時に何もしなかったら大切な命を救うことはできません。」と熱弁され,積極的に救助に関わる必要性を感じました。

 

 その後,実際に心肺蘇生法を体験しました。人形で胸骨圧迫法を教えていただきました。胸の真ん中を5㎝,1分間に100回の速さで続けることや,AEDの使用方法についても模型の機器を使って実地体験しました。

 

 児童達も機敏に動くことができ,大変有意義な時間となりました。もしもの時にこの体験が活かされるとすばらしいと思います。

 

 

 

一覧へ戻る